熱海海上花火大会は、1952年(昭和27年)にはじまった歴史ある花火大会。夏だけではなく年間を通して10回以上も開催されている熱海名物です。
会場である熱海湾は三面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形のため、海で上げる花火の音が反響し、大きなスタジアムのような音響効果があります。花火業者さんも絶賛の花火打上会場なのです!
夜空に広がる花火や、水面に映る花火、そして、フィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」の美しさは、瞬きを忘れるほど。
大迫力の「熱海海上花火大会」をぜひ体感してください!
※開催当日の正午より、打上げ場所付近は安全上の理由から立入禁止となります。ご協力の程よろしくお願いいたします。→立入禁止区域(PDF)
船舶関係者の皆様へ(保安距離・定置網等花火打上げ時の注意図)

※花火終了後、熱海駅は大変混雑します。混雑緩和のため下記のご協力をお願いします。
・事前に帰りの切符をご購入ください。
・伊東・下田方面へお帰りのお客様は「JR来宮駅」からご乗車ください。
・21:00~22:00頃までは熱海駅の改札口が大変混雑します。お帰りの時間を早める、遅らせる等のご協力お願いします。